税理士に相談して税金に関する問題を解決してもらいましょう

費用も知っておこう

残業

日本は法治国家ですので、税金は法律によって制定されます。
税金に関する法律のことを税法といいます。
税理士は税金の専門家で、税法についても熟知しています。
税金や会計のことで悩み事がある場合には、税理士に相談をすると、問題解決へと導いてくれます。
税理士による専門サービスを受けるには、会計事務所に行くと、税務の専門サービスが受けられます。
初回の相談料を無料にしている会計事務所も多いので、気軽に税金の相談をすることができます。
企業経営者は、会計事務所と顧問契約を締結することによって、顧問税理士の専門サービスが受けられます。
顧問契約を締結していると、税務署から税務調査があった時でも安心できます。
税務全般をサポートしてもらえますので、企業の財務体質の強化が図れます。

経済のグローバル化によって、企業会計も国際化に対応することが求められています。
会計の専門家である税理士はグローバル化への対応に取り組んでおり、今後もこの傾向が続くと予測されます。
日本の国家財政は危機的な状況にあり、あらゆる分野で増税が行われています。
相続税も大幅アップになり、相続税について税理士に相談する人が増えています。
今後も相続対策の相談をする人が増えると予測されます。
会計事務所ではIT化の取り組みが行われており、ほとんどの会計業務が電子化されています。
一部の中小企業では、会計業務の電子化が遅れており、会計事務所に相談するケースが増えています。
今後は会計事務所の支援を受けて、会計業務の電子化を行う中小企業が増えると予測されます。