女の人

いぼを取り除く方法

ウーマン

治療の種類と特徴

いぼの原因となるウイルスには色々なものがあり、いぼの種類自体もかなりたくさんあります。また、ウイルスが原因でない症状もありますので、正しい原因を把握して正しいケアを行うためには自己判断せずに医療機関を受診することが大切です。皮膚科や美容クリニックには多くの治療法が用意されていますので、症状に合った治療を行うことができます。よく行われているのがレーザーで除去する方法であり、それぞれの状態に合わせて最適なレベルのレーザーを使用することで肌に負担をかけずに治療を行うことができます。レーザーを当てた部分はほとんど出血しませんし、痛みもあまり感じませんので、痛みが不安な人にもおすすめです。いぼができている部分をターゲットにしてピンポイントに除去することが可能であり、傷跡が残りにくいのも大きなメリットです。液体窒素で取り除く方法もよく行われています。マイナス196度の液体窒素で綿棒のようなものの先を凍らせていぼに当てることでその部分を壊死させる方法であり、根の部分まで到達させるには数回の治療が必要になります。根をしっかりと取り除けば再発を防ぐことができますので根本的な解決になりますし、保険が適応となることも多いのでやすい費用で治療を済ませることができます。昔からある方法ですの、いぼの除去というとこの方法を思い浮かべる人もかなり多いようです。外科的な治療以外にも、内服薬による改善を目指す方法があります。処方されるのはヨクイニンであり、タンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄など豊富な栄養素を含んでいます。直接的にいぼを除去するようなものではありませんが、服用することで免疫力が高まっていぼの原因であるウイルスを弱らせることができますので、結果的にいぼの治療を行うことができます。全く痛みを伴わないことや肌を傷めるリスクが無いことがメリットではありますが、時間がかかる方法ですのでじっくりと取り組む必要があります。スピール膏を用いた治療法もあり、サリチル酸を含むシート状の貼り薬を使って角質を柔らかくしすることで、剥がれやすい状態を作って除去することもあります。皮膚が硬くなりやすい部分にできているいぼに効果的であり、外科的な方法と比べると気軽に取り入れることができます。貼る時にはいぼの大きさに合わせてシートを切り、一度貼ったらそのままにしておきます。貼っている最中も特に痛みはありませんので、治療をしていることを意識することなく普段通りの生活を送ることができます。