女の人

いぼ治療に関する知識

レディ

自分に合った治療方法を見つける

体のコンプレックスの一つとしていぼがあります。体の目立たないところにある場合は、そこまで気にならないと思いますが、数が多かったり人から見られる場所にあったりすると気になってしまいますよね。今では、皮膚科はもちろんのこと美容外科でもいぼを除去することが可能になっています。安全に肌を傷つけずに、いぼを治療したい方は美容外科の施術がおすすめです。美容外科では、レーザー治療によりいぼを除去していきます。レーザー治療では、いぼだけをきれいに切除するので他の皮膚を傷つけることがありません。従来のレーザー治療では、いぼの再発があったため繰り返し治療を行わないと完全にいぼをなくすことができませんでした。しかし、今美容外科で使用されているレーザーは、1回の施術で効果を実感することができ、さらに再発の可能性も低くなっているのです。また、人によっては、治療が完了する期間が異なりますが、いぼの数が少ない場合だと1回から3回のレーザー治療で終了できます。いぼが大きかったり、数が多かったりすると施術回数は多くなるでしょう。美容外科では、治療を始める前にきちんとカウンセリングを行うので、イボに関する悩みや治療方法についてしっかり話し合っておくとよいでしょう。いぼ治療は、保険が適応される治療法もありますが、美容外科で行うレーザー治療の場合だと保険が適応されません。ですが、なぜ多くの人に利用されているのかというと、短時間できれいに治療することができるからです。また、その他の理由としては痛みがほとんどないところでしょう。イボの数や大きさでかかる費用も人によって違うので、まずはカウンセリングで治療にどのくらい費用がかかるのか確認しておくのもよいです。目安として、1mm以下のいぼを除去する場合、5000円ほどかかるようです。あくまで平均的な金額なので、クリニックの料金設定をチェックしておく必要があります。中には、いぼを自分で切除する方もいますが、安全のためにもやめたほうがいいでしょう。自分ではさみなどで取り除いた際に、痛みとともに出血してしまいます。きちんと治療しないと、傷跡となって残ってしまう可能性もあるのでおすすめできません。また、ウイルス性のいぼの場合だと切除した際に他の皮膚に感染する可能性が高いです。これ以上いぼを増やさないようにするためにも、きちんと専門知識を持った美容外科で治療を受けましょう。レーザー治療を行ったあとは、いぼを切除したところが乾かないように専用のテープを貼って過ごします。治療したところが乾いてかさぶたになってしまうと、きれいに完治せずに痕が残ってしまうので気をつけましょう。